エンジニアの中には、「自分の仕事に自信を持っている」という方もいると思います。「今まで多くの経験を積んできたし、常に勉強もしているからスキルには自信がある」という方もいるでしょう。しかし、「スキルはあってもコミュニケーションを取ることは苦手」と感じている方もいると思います。コミュニケーションというと、自分から積極的に話すことをイメージしている方も多いでしょうから、「話すのが苦手」と感じている方もいるでしょう。

そんな方は、聞くということを意識したコミュニケーションを取ることで、無理なくクライアントの対応が出来ますよ。コミュニケーションというと、話を聞いて自分からも話しかけなければというイメージを持っている方も多いと思います。確かに、お互いが話をすることが出来れば、よりコミュニケーションは取りやすいですよね。しかし、「コミュニケーションが苦手」という方にとっては、自分から話すというのは苦手な方も多いと思います。そんな方は、まずは聞くというコミュニケーションを意識してみると良いですよ。クライアントとの打ち合わせでは、どういったものを求めているのかをしっかりと聞きだすことが必要となりますから、クライアントの話に耳を傾け、理解していくことが欠かせません。ということは、自分から話すことは確認したい項目に集中し、あとは聞くことに徹底していくことで、十分クライアントとのコミュニケーションを取ることは出来るということです。こういった聞くというコミュニケーションに慣れてくると、自然と自分から話すということも苦にならなくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です